バカバッカーズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカバッカーズ

2児の父が好き勝手に書くブログなのである。自由

【家作り】家の空気の質も気にしてもいいかなと思った

空気の質を気にしてもいいんじゃないかと思った

最近 家が欲しいななんて思ってホームメーカーや工務店を回っている。前は住めたらいい、ローコストハウスで十分と思っていたが、いろいろ知るうちに家の性能ってやつに拘ってもいいんじゃないかと思ってきている。

そんな中で、空気の質が重要なんだなって考えるようになった。現在住んでるのは古い戸建で結露もバリバリ…壁内結露もすごいことになっているんでしょう。カビもすごい事になっているんでしょう。というか壁紙を見るとカビてる。なんだか日々の体調不良も、この性なんじゃないかなと思う。

一生住むかもしれないマイホーム、いい空気が吸える住宅である事に魅力を感じてきている。

体が摂取している大半は空気

食品の添加物を気にしている人は多いと思う。でも、吸う空気に関しては気にしてない人が大半じゃないかと思う。

人が取り込む比率でもっとも大きいのが空気らしい。 f:id:gokuakusyodouka:20170501135509j:plain

添加剤のある食品は選べるけど、空気はなかなか選べない、そして寝ている時にも無防備に吸い込み続けるのが空気だ。

もし選べるとしたら家を建てる時なんだろう

有害物を体に取り込みやすい空気

食品から添加物、化学物質を取り込む際は臓器で分解解毒が出来る部分もあるらしい。それに比べて、空気は肺から直接血液に有害物質が取り込まれて全身を回るらしい。その血液は脳にも周り精神疾患の原因になってる場合もあるとか、ほんまかいな。

自然派志向の工務店

空気を大事にしている工務店がやってる家づくりでいいなと思った構成は、床は無垢材、内壁は漆喰、断熱材はセルロースファイバーと外断熱のダブル断熱。

セルロースファイバーっていう断熱材は古紙を加工した断熱材で調湿効果が高いらしい。通常内断熱材に湿度が行かないように防湿シートで部屋内を密閉してしまうのだが、透湿気密シートを使用してセルロースファイバーの調湿機能を活かす構造にしているとのこと。

また、外断熱側にも湿気を外に吐き出すよう透湿抵抗を計算して構成してあって、セルロースファイバーへの過大な湿度は外に吐き出す仕様になっている。これで壁内結露からのカビの発生を抑制する。

めっちゃいいと思う。ただ、これめっちゃ高い。大手ハウスメーカーより高いんじゃねーかと思う程高い。でも、もし大手ハウスメーカーと同額を支払うなら、こんな高機能な家を建てたいなと思う。

温度湿度も一定の空間が与えるもの

この糞高い構成で得られるものとして年中温度と湿度が一定になるらしい。(実際は、換気システムとかサッシの材質や窓の能力やうんぬんかんぬんがある)

こんな贅沢な環境になると、冬場のあったかい場所から冷たい場所に移る時に体に負担がかかって起こるヒートショックや、適度な湿度が風邪の予防になる。

冬場は、あったかい布団に入っても吸う空気が冷たい。肺から体がを冷やされる環境にある。 f:id:gokuakusyodouka:20170501135713j:plain

うちの家族は特に喉が皆弱いので温度と湿度が快適な家にかなり魅力を感じる。

子供が小さいのであまり快適な空間にいると体が弱くなるんじゃないかと思ってしまうのだが、引きこもりで一日中家にいるわけではないし、外に出ていろんな外乱に体がストレスを感じて帰ってくる。そんな時に、寝てちゃんと癒されて本当の休養がとれる家に住みたいなと思うのだ。